読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外資系ビジネスマンが斬る!日本のおかしなニュース

外資系企業に勤めるビジネスマンがニュースを批判しながら読む斜に構えたニュース解説ブログ

ゴールドマンがIBDにリストラ勧告

ニュース

www.bloomberg.co.jp

ボーナスなし=リストラ勧告

資本が十分あり利益を出している金融機関のバンカーやトレーダーにとって、ボーナスがないというのは通常、不要な人材であり転職を模索した方がよいことを強くほのめかす事態だ。

これは優しい部類で、マーケットサイドはその場で首になることも珍しくない。

確実なリストラ勧告は香港への転属で、解雇規制の厳しい日本から解雇規制のない香港に異動されたのちにリストラにする方法だ。

業績好調でもクビ

買収・合併助言や証券引き受けを手掛けるバンカー約100人に、2016年のボーナスを支給しなかった

買収合併や引受というのは、いわゆる投資銀行部門(IBD)と資本市場部(キャピタルマーケッツ)を指す。これらの部門はアナリストやトレーダーほどすぐにはリストラにならないが、ストック型ビジネスだから成長しそうにない人材は早めにリストラして人員を入れ替えたほうがいい。

時価総額最高値を更新したゴールドマンだからこそ強気に人員を切れるともいえる。どの地域から人を減らすのかは知らないが、ゴールドマン勤務の知り合いは多いので今度ボーナス額を聞いてやろう。